HONDA最高責任者であるニック・フライの行動は許せないが

水面下では、もう2009年度のシナリオが出来ているように思えてならない。

バリケロが今季で契約が切れる。最近のケロちゃんの走りはかつての勢いがなく

暴走している(ヤケっぱち?)ように見える。

スピード違反やいろいろとキリがないくらいケロちゃんの行動は悪態(?)を

ついているとしか見えない・・・。来年はシートが無いことを彼は知ってしまったのか?

あくまでも憶測ですけど・・・・。そして何がナンでもロス・ブラウンがいる本家としては

琢磨を来季からHONDAチームに迎えたいと欲っしているのではないだろうか??

そう思うと、マグマ事件も今回の事件(SAチームがパドックに入れてもらえない)も

すべて繋がっていく・・・・。

もともとSAは琢磨の為に作られたチーム。

去年の本家マシンは散々だった・・・。

それに対して弱小チームである琢磨がポイントをGETした。

(6位と8位の入賞は奇跡に近い)

それらをいろいろと考えて見ると、SA解散の道が進められていると同時に

琢磨獲得のシナリオが出来ているのではないだろうか・・・と。

F1界では何が起きても不思議ではない世界だ。

昨夜、琢磨が現状についてコメントを発表した。

いろいろ話せない事情もあると思う。

もし仮に本家に戻る切符が琢磨にあるのなら

私は、ロス・ブラウンの手腕を見てみたい。

ニックとバトンは、いらんけどね

ふたりともいつまで居座る気なんやろ

ニック・・・本家の最高責任者ってアホでもできるんか?

バトン・・・棚からぼた餅で優勝したからってオマエに元々優勝できる手腕なんかないで

 勘違いすんなよ、ボケ!!

来季、本家から再デビューさせるのなら

もう二度と琢磨を放り出すマネはしないでもらいたい!!!!!!!!!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告