この曲はダンナ様が一番好きな曲です。

とっても古い話しなんですが

私が恋愛に弱くて、私は、彼にふさわしくないと

自分を責めてしまい別れようと彼に言いました。

過去に、たった一度だけの本気の別れ話でした。

年末、年始・・・と、しばらく連絡も取り合わず

二人ともしばらく距離を置いて離れて暮らしていた時期がありました。

彼は、徳永さんを好きで聴いていたのを知っていましたが

この新曲が、ちょうど彼は巡り会い心に響いたそうです。

自分の戒めと反省と愛を誓う気持ちを忘れないように。

・・・・それが一番好きな理由なんだと、私は勝手にそう思っています。

私もこの曲が好きと云うよりダンナ様が当時の辛かった気持ちを

徳永さんが代弁して歌っているような気がしてならない思いがいたします。

 春を待たないうちに彼は私を迎えに来てくれました。。。

そんなエピソードがある歌です。。。

 

【最後の言い訳】

この曲で今日の締めくくりとして、おやすみなさい。。。

 

 

それから

しつこいですが、コールドプレイ♪

 

 

これは明日も元気にいられるように!

と、自分への応援歌として・・・・。

 

 

記事を見てコメントする

広告