先月から、百人一首の解説集を

読んでいます。

歌と、現代語と、時代背景、人物など。

その中で

今の季節にピッタリの歌を

見つけました。

冬の空を詠んだ歌を。

かささぎの
渡せる橋に

置く霜の

白きをみれば

夜ぞふけにける

「カササギの 架けた銀河に

きらきらと霜が光れば今は真夜中」

大空に浮かぶ銀河そのものの
歌です。

静かな冬の夜の景色を歌に

しています。

なんてロマンティックな
歌なんだろう。

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)
万葉集でもお馴染みの人かな。


写真は、ニュージーランドから

広告