夕方、リビングでTVを見ていたら玄関のチャイムがピンポーンと鳴り

息子が鍵を忘れたのか?めんどくせーな~と思いながらインターホンを見たら

おまわりさんだった!(O.O;)(oo;)

「すぐ近くのアパートで放火未遂事件があったんですが犯人が逃げました。

その逃げた人を見ませんでしたか?」と・・・・・・・・・。

!?工エエェ(゜Д゜ ;)ェエエ工!?・・・・これって聞き込み調査じゃん!

「今日は外に出てないのでわかりません」と答えました。

怖~い!

地元新聞に掲載されるのかな?(後で検索してみよー)

 

その後、長男が帰宅、続いて次男が帰宅して

「ボヤ騒ぎしていたよ」と言っておりました。

そして、ダンナ様が帰宅して

「道路にたくさんチョークで印をつけてたよ」と・・・・・・・・・。

ひえ~!

我が家は閑静な住宅街なので、そういう事件って縁がないと思っていたのに

実際に身近でそういうのが起こると、身震いがする思いです。

でも、今年の夏・・・・・自転車を1台、盗まれたんですけどね(^_^;)・・・。

わざわざ、庭まで入ってきて盗まれてた自転車は、オンボロだったし

鍵をかけてなかったので被害届は出しませんでした。

用心に、こしたことはないので

ダンナ様が休日のときに、庭に置きっぱなしの道具箱とかスコップとか

この際、全部、片付けようと思いました。

 

年末ですし、皆様も、お気をつけください!

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

 

 

 

 

 

 

 

記事の後半の内容を抜粋

>>自民党との戦いに言及した小沢氏は、両国の「最高実力者」同士の顔合わせだったにもかかわらず、東シナ海のガス田問題など懸案をめぐる突っ込んだ議論は避けた。理由は、「政治的課題を議論しにきたわけではない」(小沢氏)というものだった。

 

「政治的課題を議論しにきたわけではない」

 

「政治的課題を議論しにきたわけではない」

 

「政治的課題を議論しにきたわけではない」

 

小沢さん、いったい何しに行ったんですか?

 

 

あれだけの議員を引き連れて、まるで大名行列みたい。

お迎えはリムジン。

「小沢」という権力を中国に見せつけたかったのか?

結局、観光気分?

若手議員も中国のガイドブックを手に持って満面の笑顔でしたよ。

小沢さんの人形でしかない首相は、相変わらず政策ナシのブレブレだし。

献金問題では野党時代「秘書がやったことは政治家の責任、バッジをはずす」

な~んてことを言ったことを忘れている始末。

インドネシアで夫婦共々、遊んでいるし。

世も末だ・・・・・・・・・。

この日本、どうなるんだろー。

雇用対策、医療福祉問題、景気対策、かぞえあげればキリがない。

国民の現状を、今の生活がどんなに困窮しているのか全くカヤの外。

 

て、いうか・・・・・・・亀・・・・言いたい放題を何とかして欲しい。

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

本当にあったとしたら

あとの8人は誰なんだろー。

レレレのおじさんやおまわりさん、ヒロインはバカボンのママですかねぇ♪

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

て・・・・撤退?

・・・・・・・・・・・・・ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

F1から、撤退ぃいいいいい?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

マジですか?!

宗一郎さん、怒ってますよ、きっと・・・・。

そんな中でセナの甥っ子がHONDAでテストしているっちゅうのに。

もう、ホンダスピリットは無いのねん・・・・。

イギリスが悪いわけじゃないけど、むこうの色に染まりすぎたんじゃ・・・・・Orz。

ロス・ブラウン・・・・かわいそうだけど、活躍する場は、たくさんありそうな気配が。

N・フライ&バトン・・・・・何も申し上げる事はございやせん。。。

そりゃあ、トヨタも絶句するよなぁ~。ブツブツ

 

宗一郎さん・・・・一日だけ還ってきて欲しい。(無理は承知で)

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

 

 

 

 

 

 

(-◇ー;)!!・・・・え?

!?工エエェ(゜Д゜ ;)ェエエ工!?

そうなんだ。

日本を揺るがす黒船とか言われたりしていましたが

こちらでデビューして早かったですねぇ。

しかーーーし!

この方とスザンヌとの区別が

わかりづらい私が此処に・・・・・\(゜_\)(/_゜)/

とにかく、おめでとう!だね・・・・。

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり

そう思うところもありますね・・・。

でもネットで見る気分は「どこでもドア」感覚なんですけどね・・・。

便利だけど危険・・・・??事件性に繋がりかねない等々の問題。

どうなるんだろう・・・・。

ちなみに我が家はマップからハズレていたのでセーフでした。

 

でも航空写真は、どこでも見ることが出来ますよね。

そこんところは、どうなのよ・・・・。

 

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

 

 

 

 

 

 

”日常のいたるところに、つねに死の影はひそんでいる。たとえば楽しいはずの気の会う友人たちと過ごす時間。だがすべてが終わり、友人たちが引き上げていったあと、テーブルのうえの宴の残骸を前にして、あなたはふと、なんともいいようのない虚しさに襲われはしないだろうか。

あるいは恋人と、ともに過ごす時間。しかし残酷な別離の時間は近づいてくる。その時間が楽しければ楽しいほど、そこに悦びがあればあるほど、ふと死の影を通りすぎるのを感じたことはないだろうか?

このように、死は日常のあらゆる場所にひそんでいる。~抜粋~

けれどまた、ひとはつねに死を意識しているからこそ、充分に生を満喫することができるのではないか。つねに死と隣り合わせにいるからこそ、濃密な生を思うさま楽しむことができるのではないか。つねに危機感、緊迫感と隣り合わせに生きること。ともすれば現代人はそれを忘れがちだ。”

 

・・・・・これは最近、書籍で買った歴史に関する書物のエピローグの一部です。

 

このニュースを見た時、この本のエピローグを思い出さずにはいられませんでした。

毎日、平凡な生き方、マンネリ、何でも、家族と今日も一緒に暮らせる

そんな小さいけど大切な幸せを噛み締めて、みな生きていると思う。

 

子供達の寝顔を見て、ダンナ様の寝顔を見て、今日もありがとうと感謝する自分。

いつ何があるかわからない・・・・・朝、家族を見送っても、その思いは常に心に秘めている。

だからこそ、価値感や見栄など、どうでもいい・・・・

みんなが今日も一日元気で無事でいてくれたら、と切に願う。

 

ニュースの浅尾選手も「ビーチバレーの妖精」と親しまれ人気がある方だが

彼女の悲しみ、心の痛みは彼女にしかわからない・・・・。

人気があれば、こういう内容までも記事にされなければないないのかと

マスコミも残酷なものだと思いました。

 

今は辛いと思う・・・・・だけど自分で決めたビーチバレーの道を妹さんの分まで

精一杯がんばって欲しいと思います。。。

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する