昨日は、ほとんど何もしないで楽をして過ごしていたのに

現在、熱が37.2℃ (平熱=35.2~35.5℃くらい)

先日は36.8℃でダウンでしたが翌日は完治したと思っていたのに。

 

取り合えずウィダーインゼリー&薬を飲んで横になります。

 

今日は雨かぁー。

 

洗濯物・・・・リビングで部屋干し・・・クーラーをランドリータイマーしているけど

ちゃんと乾くかなー。

 

とにかく家族は無事に送り出した。

 

この時期の風邪は、油断大敵ですね。。。

 

病院に行く元気も無いので大人しく横になっています。

点滴替わりに、ポカリをガブ飲みしよう。

 

そんなワケで、完全に完治するまで、何日間か

わかりませんがお休みして養生に専念いたします。。。

 

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

 

お仕事の無理が重なったのでしょうか。

ダンナ様が腰痛になってしまいました。

 

以前、ギックリ腰になって以来、疲れると腰に疲れがきます。

お薬を塗って、消炎鎮痛剤を飲んでもらいました。

 

寝る体勢は

枕を高くして

膝の下に布団を丸めて仰向けに寝る。

腰にかかる体重が分散されるので

負担が来ないようにして差し上げました・・・。

 

自分が昔、椎間板ヘルニアで入院した際に

ベッドがそういう風に固定されて

とても腰が楽だったのです・・・・。

 

ダンナ様は現場が終わるまで、お休みが

日曜しかないので

明日は、ゆっくり安静にしてもわなくちゃ。

 

私は気晴らしに出かけようかな・・・・・・・。

 

つか、銀行に行く用事が!

(-◇ー;)!!思い出した!

そうだ!お中元も・・・・・送らなければ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

(=_=;

 

・・・・・・(=_=;) 

 

・・・・・・・・・・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノめんどくせー。

しちめんどくせー。

 

 

でも、行かなくちゃ

お中元が間に合わないぞぉー。 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

 

薬のお陰でなんとか落ち着きました。

少し嫌な事があれこれと重なってしまい

どうしようもなくなりました・・・・・・。

そのひとつの理由として

私の実家にいる弟の、お嫁さん

つまり義妹の父が、ここ数日持つか持たないかの連絡があった。

(末期ガン・・・・・去年見つかった際には、すでに手遅れだった。)

今年になって春まで、という宣告が夏までなんとか頑張って持ってくれた。

先月から義妹はもちろん、弟も病院にずっと交代で待機しながら

看病をしている。

また、母も病院と行ったり来たりで孫の面倒を見ている。

 

すでにもう、意識もない状態だと、・・・・連絡が入った。

 

彼女は幼い頃に母親と別れて

妹とお父さんを3人暮らしで育ち・・・・私の弟と結婚をした。

とても苦労をしている義妹だ。

 今更、

私が病院に駆けつけたところで

何も出来ない・・・・・・・・・。

もう、ダメだと宣告されても、なんとか一日でも長く

生きながらえて欲しいと思う。

 

そんな事をあれこれ考えていたら

苦しくなってきた。

自分が父を亡くした時とオーバーラップしてしまった。

母からの連絡を受けてからだった・・・・・。

 

義妹にしてみれば

悲しいどころではないと思う。必死で看病をしているに違いない。

母と弟に、私の分までお願いと言い電話を切った・・・・・・・・。

 

私もダンナ様も父を亡くしている。

今度は彼女も、そうなろうとしている。

身内が亡くなる不幸はいずれ訪れるとはいえ残酷だと思う。

 

明日は今より元気になろうと思う・・・・・・・・・。

ただ、祈るばかり。

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

え~、入院生活を余技なく強いられて、いつオペにしようかと

未だ決まっていなかったんですが、とにかく食事禁止で点滴だけで

日々を過ごしていたので、TVをつけても「ああ、美味しそう」と思い~ヽ( ̄Д ̄*)

悶々と過ごしておりました。

その時の、ママン伝説でございます!

やっと飛行機で来た→病院へ駆けつけて、大事ないと知るや安心した様子。

ほぼ毎日、面会時間に来てくれましてパジャマが足りないね、という事になり

近くの「サティ」へ買い物に行ってくれました。

こちらへ滞在する度に「サティ」には何回も行ってたのと病院から見える距離だったので、そこは安心。

ママンは「点滴だけだと気持ちまでも暗くなりそうだし、ついでに何か本でも買ってこようか?」

・・・・・・・・・。・:*:・(*´ー`*人)。やっぱり母親ってうれしいな・・・

・・・・・でも彼女は本屋なんて普段、行かないし多少の不安はあるけど、まぁ、いいか♪・・。

Y「うん♪じゃあ雑誌じゃなくて単行本を買ってきて・・・・」

マ「単行本?何それ?」

(ハイ、きたよー世間知らずのママンでございます。ここで説明をしました(ー'`ー;)・・・めんどくさいなぁ)

マ「まぁ、小さい本だよね、わかった!わかった!」

 

単行本なら、ゆっくり読めるし半月は、かかる入院でも楽しめるかぁ、と思いまして♪

んで、ママンは、買って来ました!

 

 

渡すと同時に、こう言いやがりました。

 

「なんかねー立ち読みしてたら、おもしろくて買ってきた♪」

 

「室井 滋の本なんだけどねぇ~♪」

 

しかも題名が

<yumin心の叫び>

おんどりゃーワザとかい!

食事でけへん言うとるのに、

こんな本買ってきやがってーー!!!

 

本人は、いたく満足そうでした。。。

どういう神経しとんのか疑いました。。。

買ってきたお礼は言いましたけど・・・Σ( ̄ロ ̄ll)

 

内容はいろんな、お店のグルメの紹介や感想など・・・・・。

(ノToT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

点滴受けながら読みきったよー!!!

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

もうかれこれ3年くらい前ですが

バリバリ派遣で経理の仕事をやっていた頃、残業が多くて(退社夜9時・・・川崎から帰宅)

約1年近くになろうとしてた矢先に胃痛が段々と酷くなってきたんです。背中も痛くて。

元々、胃痛なんてしたことが無かったのでかかりつけの内科に行くと

胃カメラ飲んで胃薬もらってたんですが、いっこうに回復せず。

そのうち夕食後の夜中に激痛が走ることが、しばしばあって派遣先の上司と

相談して残業を減らしてもらいお休みも職員並みに貰えるようにしていただけたんです。

ある夜中、またもや激痛が・・・・今までのより遥かに強い、のたうち回るような激痛が。

救急病院Aに行って採血、レントゲン、CT検査、担当医がなりたての若い女医。(不安)

不安的中・・・・「何処も異常はみられませんね・・・」で痛み止めの座薬を入れられおしまい。

帰宅・・・真夜中・・・いっこうに痛みは治まらず

救急病院B・・・まぁ、人の良さそうな医師でしたが・・・内臓の痛み止めの注射は

今、原則(病んでないのにそれを目的で来る人がいる)で無理なんですよ~で薬を貰って終わり。

もうすでに・・・明け方・・・・ずっと痛みは取れない・・・(どうしよう)

救急病院C・・・・処置室で・・・やさしそうでデキルなお主!的な医師・・・

簡易エコーで診察して貰い・・・先生曰く

「・・・あ、これ胆石だね、見なくても痛みの特徴がそうですよ。

すぐ入院です・・・そして手術ですね~!

なんでこんな状態が今までの病院でわかんなかったのかなぁ・・・」

 

ええ~?!胃痛じゃなかったの?胆石ぃいいいい???

しかも即、入院て・・・・オペって・・・(_△_;)

胆嚢を摘出ぅうううう?何それ?その場所にチタンクリップで止める?何それ?

胆嚢を取るので胆管を止める用、静脈用と、

もしもの又さらに、もしも場合を想定して3個ずる止める?何それーーー?!

身体の中にチタンクリップが合計6個も入るなんて、

ありえねーーーーーーーーーーー。

救急病院A・・・実は全国的にある病院で、偶然にもそれを統括している本部に派遣してたので

信用して真っ先に行ったのにぃ~(笑)

いや・・・病院は良いんですよ!たまたま当たった医師が悪かったのだと思います。どんだけ検査したんだよ~というくらい。それで座薬ですか?みたいな・・・・。夜間救急は実費扱いの為、それだけの検査をしておいて原因がわからず、そんなにかかるとは思いもしなかったので未払いで帰宅(後日支払うということに)請求額は約3万円でした・・・・。差額は返金してもらえますが一旦は支払わないといけないので・・・・・・・・・・・・・・。当時バリバリ心が元気だった私は意地でも払いませんでした(笑)

んでもって救急病院Cへ入院になりまして、約8日間・・・・何も食べられず、水分もあまり摂取して行けない(検査とその後の手術の為)ずっーーーーーーーーーーーーーーーと、2,3種類の点滴だけで生きてました(笑)ベッドから立ち上がるのに体力が。

人間って点滴だけで生きていけるんだなぁ~と思いました。

オペは過去で(他の病気で)3回目です。病院によって違いますよねぇ。

麻酔のかけ方も違いますねぇ、いっぺんに投薬したり。数回に分けてみたり・・・・・。

麻酔の時は毎度(?)意識の中で何故か必死に数をかぞえてみる!

1、2、3、4、5・・・・ハイ!ストン!・・・・5は今まで最高の数でした(笑)なんかうれしい・・・。

手術は無事に、癒着で開腹オペをしなくて済みまして腹腔鏡オペ(何箇所にメスを入れる)で済みました。

目が覚めた時の痛さは・・・・まず痛みで息が出来ません、なので苦しいです。

すぐに眠り薬の注射を打ってもらいました・・・・。

約半月の入院でございました。

ええ、入院当初から歩けなくても手術後でも車イスで喫煙所まで必死で行きましたとも!

あ~、救急病院Aは・・・・会計課長と話して(いくら派遣でも本部に勤務していたので、本部にいつか行きたいと思っている職員に取っては失態が命取りとなり一生本部勤務が出来なくなるのです)

んで、支払いは・・ご破算に・・・・ってか請求が来なくなりました(笑)

課長・・・・私の名前もご存知でした(笑)毎月、仕事でお話しをしてたので・・・・。

 

そして入院中・・・・・・・・・ママンが心配してやってきました、鹿児島から!

(BGMはダースベーダーのテーマでお願いしまつ)

その時の伝説は次の記事へ・・・・。

※ 数年前に弟も同じ病気で胆嚢を摘出しています・・・遺伝なのかなぁヽ(  ̄д ̄;)ノ

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

さて、と。夕飯もいただいて、デザートのはっさく(すっぱ♪)もたらふく食べて、先日から口角炎の為、飲用してるチョコラBBを手にした時だった・・・・・・・・・・・・・。ん?・・・・・・・・あれ?Σ(・艸・。)ウッソー!!(・艸・,)マジ?!(゚艸゚,,)ヤバクナーイ?!・・・・・・・問題のチョコラBBでつ。

 

こ・・・・・・これは?

 

 

 

 

 

 

 

へ?ま・・・・まさか!!うっ。。。( ̄x ̄;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひぃ~~!

チョコラBBに間違いないけど

ジュ・・・・ジュニアって、今まで気がつかなった。。。

 

(ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ-

 

アホだ・・・・私は、アホだ・・・・。

明日、大人用の買って来よう。

つか、何日目に気づいてんだよ、私ったら。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

未だ、モチモチくるみパンに飽きないでいyuminです。んが!毎日飽きずに食べていた為、気づいたら口角炎(唇の端が切れる)になってしまいました。偏った食事とビタミン欠乏・・・・。口の横が痛いです、とても。。。早速、チョコラBBを飲んでメンタムを塗り塗りすることにします。どうしよう・・・・今日は5個も買ってきて貰ったのに・・・・・・・・って、そんなこと言ってる場合じゃないですよね、これも自業自得です。食生活を根本的に見直します。朝はご飯に納豆・のり・味噌汁、昼はパン・夜はサラダとパンとか。ダメですかね~。温野菜のサラダとか、いいかも知れない。こんな日がいつか来るとは思っていました。ああ、モチモチくるみパンを、しばらく我慢しなくちゃならないなんて・・・。回復するまで、しばらくのお別れです。~~~(ノ≧□≦)ノいやじゃぁぁぁぁ

わかっーーーちゃいるけど辞められない♪っと、あ、それ♪スースーすぅだらっだスラスラスイスイスイぃ~~♪

・・・・・・・・・・・・・・┓( ̄∇ ̄;)┏ >>スーダラ節を歌っている場合じゃないですよね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する