【佐藤琢磨からのメッセージ】

☆・。・。★・゚・。・゚☆ミ(*・_・*)ノ彡☆゚・。・゚★・。・。☆

F1で走る勇姿を再び見れるまで、

琢磨選手の信念である「絶対にあきらめない!」

この言葉を信じて待っています!

2008.5.8

 スーパーアグリF1チームがF1から撤退したことが悲しく、残念だという以外に、いまの自分の気持ちを表す言葉は見つかりません。
 チームが非常に難しい状態にあることは分かっていましたが、この件に関係しているすべての人たちが何とかして解決策を見出してくれることを心から期待していました。どんな理由があったとしても、そうならなかったことが残念で仕方ありません。
 チームが抱えていたすべての問題に対しても常に希望を持ち続け、僕ができる範囲でどうしたらチームをサポートできるかということを考えてきました。
 スーパーアグリは小さなチームでしたが、その志は高く、崇高なスピリットを抱いていました。2年半前にチームが動き始めたとき、リフィールドのスタッフは誰もが驚くような働き振りを見せてくれ、たったの4ヵ月でマシーンをグリッドに並べただけでなく、最初のシーズンにしてトップ10でレースにフィニッシュし、昨年は4ポイントを獲得しました。彼らは、不可能を可能にするという意味で、本物のプロフェッショナルだったと思います。
 また、亜久里さんがこれまで僕たちのためにしてくれたすべてのことに、深い敬意を抱いています。物事を進めるために懸命の努力を続けてきてくれました。チームのスタッフ全員が全身全霊を傾けてきてくれたことも決して忘れることはできないし、SAF1の短い歩みのなかで彼らが達成してくれたことにも心から感謝しています。チームの初ポイントを獲得したのがたった1年前だったことがいまでは信じられませんし、それからたった1年で、そのときの喜びや興奮が落胆に転じるとは思いもよりませんでした。
 これまではSAF1と共にレースすることに全力を投じてきたので、いまはまだ次に進む道がどうなるのかはわかりません。マネージャーとともに今後の可能性を探り、しかるべきときがきたら発表するつもりです。しかしながら、僕はF1から引退するつもりはまったくありません。僕は今まさに、自分自身これまでのなかで最高のドライビングができる状態にあると信じていますし、僕のこれまでのキャリアを通じて信じられないほど熱心にサポートしてきてくれた日本や世界中のファンのみなさんに、もっともっと力強いレースをお見せしたいのです。

2008年5月8日
佐藤琢磨

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚

グランプリは予定通り開催されています。

一部のファンは青山にあるHONDAへ抗議に行かれたり

TEL&FAX&mailなどで今回の撤退について賛否両論があると思います。

いてもたってもいられない気持ちもとても良くわかります。

でも私は静かに待つことに決めた。

彼が水面下で来季へのシート獲得に繋がる何かの行動を自ら行なっていると

予測しています。それが再びHONDAなのか(しかもまたしてもバトンとなのか・・・(▼ー▼)・・・)

それはわかりません。何が起こるかわからない魑魅魍魎の住家であるF1世界だから・・・・。

いちファンとして何らかの朗報を待つしかありません。これからも彼を応援していくことは

変わらないので、朗報が伺えるまで興味がない方々には申し訳ありませんが

しばらくバナーをスーパーアグリのままにしたいと思って作成しました。

一番好きなコーナーを走る姿と琢磨選手の凛々しい顔です!

けんさわさん(F1速報カメラマン)も、

このほどサーキット便りをblogfで復活された様子です(うれしい☆)

松本カメラメンと楽しそうに伸び伸びやってますね♪

いろんな情報を日々、検索していますがこれからもファンとして

見守っていきたいな、と思っています♪

(ふぅーーー長い独り言でした・・・・。)

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

ファン有志,SAF1&琢磨を応援へ

トルコGP直前,コンストラクターのSUPER AGURI F1 TEAMは約2年半の活動に幕をうってF1撤退を決めたが,ファン有志達がこれまでの活動に敬意を示して『THANK YOU SAF1 PROJECT』を実施することを決めた。このプロジェクトでは「夢を、ありがとう」をメッセージに掲げ,ファンが共通のロゴを横断幕や待ち受け画像に使用することで「感謝の気持ちをカタチ」に残し,これまでの多くの夢や感動にお礼のメッセージを示す。

ーF1ニュースより抜粋ー

■『THANK YOU SAF1 PROJECT』

 

 

来年、またファンの皆と琢磨くんの勇姿を待っているよ!

ありがとう!SAF1!

\(≧▽≦)丿\(≧▽≦)丿ウェーブ!! ウェーブ!

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

やはりマッサは良い仕事しています。

スタートの絶妙なアプローチでアロンソをカットするなんて・・・さすがです。

今年のスペインもたぶん何かあるだろうと予想はしていましたが

こんなに大波乱だったとは!!!!!

それでは・・・レース結果です。

  Driver Team Laps Time
1 K.Raikkonen Ferrari 66 1:38'19''051
2 F.Massa Ferrari 66 1:38'22''279
3 L.Hamilton McLaren 66 1:38'23''238
4 R.Kubica BMW 66 1:38'24''745
5 M.Webber Red Bull 66 1:38'54''989
6 J.Button Honda 66 1:39'12''061
7 K.Nakajima Williams 66 1:39'17''295
8 J.Trulli Toyota 66 1:39'18''486
9 N.Heidfeld BMW 66 1:39'22''124
10 G.Fisichella Force India 65 1:38'28''846
11 T.Glock Toyota 65 1:38'33''054
12 D.Coulthard Red Bull 65 1:39'09''241
13 T.Sato Super Aguri 65 1:39'24''965
  N.Rosberg Williams 41 エンジン
  F.Alonso Renault 34 エンジン
  R.Barricehello Honda 34
  H.Kovalainen McLaren 21
  A.Davidson Super Aguri 8
  S.Bourdais Toro Rosso 7 接触の影響
  N.Piquet Renault 6 S.Bourdaisと接触
  A.Sutil Force India 0 S.Vettelと接触
  S.Vettel Toro Rosso 0 A.Sutilと接触

※ コースアウト

コバライネンはタイヤがバーストみたいになってしまい、そのままコーナーへ

激突してしまいました・・・いくら今のF1マシンは安全性に優れているとはいえ

一時は、騒然となりました・・・でも担架で運ばれる時に手を上げていたから

少し安心しました(その後、ヘリで病院へ)

怪我の様子が心配です。

とりあえず、キミ・ライコネン♪おめでとう!

アロンソは残念でした・・・ルノーは元気がありません・・・。

そして・・・

琢磨選手は見事、完走をしてくれました!

スペイン・カタロニアサーキットと相性が良いのかなぁ(笑)

ピットで、もたついたけど15秒はもったいなかったね。

でも、オンボード映像に後半はたくさん見ることが出来たし、

クルサードに対して簡単にはオーバーテイクさせないぞ!という

走りを見せつけてくれた。(ああ、もっとマシンが早ければ・・・)

でも次のGPに出場できるのか???疑問です。

今宮さん、とても気になる言葉を言っていた(大汗)

どうなる?スーアーパーアグリ!!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

風が少し強かったのか、凄い接戦でした。

0.5秒の世界・・・まさに天国と地獄・・・。

フェーラーリのワンツーは惜しかったけどアロンソが2位で俄然、面白くなった♪

スペイン・バルセロナのカタロニアサーキット(気温23℃、路面温度38℃のドライコンディション)

<公式予選結果>

Overall Standing Q1 Q2 Q3
  Driver Team Pos Time Laps Pos Time Laps Time Laps
1 K.Raikkonen Ferrari 1 1'20''701 8 3 1'20''784 3 1'21''813 6
2 F.Alonso Renault 3 1'21''347 6 4 1'20''804 6 1'21''904 6
3 F.Massa Ferrari 12 1'21''528 4 1 1'20''584 6 1'22''058 6
4 R.Kubica BMW 6 1'21''423 4 2 1'20''597 3 1'22''065 6
5 L.Hamilton McLaren 4 1'21''366 3 7 1'20''825 5 1'22''096 6
6 H.Kovalainen McLaren 8 1'21''430 3 6 1'20''817 6 1'22''231 6
7 M.Webber Red Bull 11 1'21''494 7 10 1'20''984 6 1'22''429 6
8 J.Trulli Toyota 2 1'21''158 6 9 1'20''907 6 1'22''529 7
9 N.Heidfeld BMW 9 1'21''466 7 5 1'20''815 7 1'22''542 6
10 N.Piquet Renault 5 1'21''409 6 8 1'20''894 6 1'22''699 6
11 R.Barricehello Honda 14 1'21''548 6 11 1'21''049 6
12 K.Nakajima Williams 15 1'21''690 9 12 1'21''117 6
13 J.Button Honda 16 1'21''757 6 13 1'21''211 6
14 T.Glock Toyota 7 1'21''427 10 14 1'21''230 6
15 N.Rosberg Williams 10 1'21''472 9 15 1'21''349 6
16 S.Bourdais Toro Rosso 13 1'21''540 10 16 1'21''724 5
17 D.Coulthard Red Bull 17 1'21''810 6
18 S.Vettel Toro Rosso 18 1'22''108 10
19 G.Fisichella Force India 19 1'22''516 11
20 A.Sutil Force India 20 1'23''224 8
21 A.Davidson Super Aguri 21 1'23''318 9
22 T.Sato Super Aguri 22 1'23''496 9

佐藤琢磨のコメント
「チームは昨日から前進することができたと思います。予選の1回目と2回目のアタックでは次第によくなっていきましたが、3回目のアタックではバランスがすっかり変わってアンダーステアになりました。また、クリーンラップをとれないこともあって、期待したほどラップタイムを大幅に更新することはできませんでした。全体的にいって正しい方向に進歩していると思うので、とてもいい一日だったと思います」

 

毎度、マッサは良い仕事するなぁ・・・今季初のポール獲得のキミ・ライコネン、良かったね♪

しかし・・・あの、マグマ事件・・・凸(▼ー▼)凸・・・(ホンマニユルサヘンゾ)

とにかく参戦が出来て良かったと思うことにしよう・・・。

この土壇場でスーパーアグリチームのスタッフって凄いなと思った!

そんな中で琢磨もアンソニーも良く頑張って走りきったと思います!

明日は決勝だ!

去年はここでアロンソを見事オーバーテイクしたんですよね・・・・。

GO FOR IT!TAKU!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

色んな憶測や情報を見て静観していました。

今回のスーアグの件では、いろいろと言いたい事、不満はたくさんあるけど、

始まったからには決勝が無事に終わるまで何も云うまい。

とりあえず、スペインGPに出場したからにはチーム一丸となって全力で頑張って欲しいと思う。

~以下 F1速報より抜粋~

<F1:スペインGP>◇フリー走行1、2回目◇25日◇カタルーニャ・サーキット(バルセロナ)◇1周4・655キロ
 財政難で参戦危機が伝えられたスーパーアグリが、無事にフリー走行に出場した。午前の1回目、午後の2回目とも佐藤琢磨が21位、デビッドソンが最下位22位ながら、走れる喜びをかみしめていた。昨季、佐藤がチーム史上初入賞(8位)を果たした思い出の地で、チーム存続を目指す戦いが始まった。
 ウィリアムズ中嶋一貴は、2回目で1分22秒172を出し、4位の好位置につけた。トップタイムはライコネン(フェラーリ)の1分21秒935だった。

さぁ、予選そして決戦だ!

ガンバレ琢磨!!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

F1>バーレーンGP決勝の結果

順位 ドライバー チーム エンジン タイヤ タイム タイム差
F・マッサ フェラーリ フェラーリ BS
1'31:06.970
57
K・ライコネン フェラーリ フェラーリ BS
+03.339
57
R・クビサ BMWザウバー BMW BS
+04.998
57
N・ハイドフェルド BMWザウバー BMW BS
+08.409
57
H・コヴァライネン マクラーレン メルセデス BS
+26.789
57
J・トゥルーリ トヨタ トヨタ BS
+41.314
57
M・ウェバー レッドブル ルノー BS
+45.473
57
N・ロズベルグ ウィリアムズ トヨタ BS
+55.889
57
T・グロック トヨタ トヨタ BS
+1:09.500
57
10 F・アロンソ ルノー ルノー BS
+1:17.181
57
11 R・バリチェロ ホンダ ホンダ BS
+1:17.862
57
12 G・フィジケラ フォース・インディア フェラーリ BS
-1Lap
57
13 L・ハミルトン マクラーレン メルセデス BS
-1Lap
57
14 中嶋一貴 ウィリアムズ トヨタ BS
-1Lap
57
15 S・ブルデー トロ・ロッソ フェラーリ BS
-1Lap
57
16 A・デビッドソン SAF1 ホンダ BS
-1Lap
57
17 佐藤琢磨 SAF1 ホンダ BS
-1Lap
57
18 D・クルサード レッドブル ルノー BS
-1Lap
57
19 A・スーティル フォース・インディア フェラーリ BS
-2Laps
57
  ★R=リタイア          
N・ピケJr ルノー ルノー BS  
41
J・バトン ホンダ ホンダ BS  
20
S・ベッテル トロ・ロッソ フェラーリ    

佐藤琢磨選手のコメント

『オープニングから数ラップはイベントが多かったですし,ボクは中間を通り抜けて本当にエンジョイしました。まあ,少し接触があり空力にダメージを受けましたが,14位まであがってきてエキサイティングでした。ボク達は2回目のピットストップで問題を抱えていて,ポジションを失うことになりました。ですが,最終的にレースを完走できたのは重要ですし。しばらくは勢いを維持することができますネ。』

 

☆感想☆

クビサは前日の予選でPP(ポールポジション)を獲得したのにスタートで

もたついてしまいました!惜しい!

同じく前日で琢磨選手はスピンクラッシュしてしまいましたが決勝では最後尾である22位からの

スタートにもかかわらず最高14位まで健闘し、17位で完走を果たしました!

フェラーリのマッサ&ライコネンのワンツーフイニュシュは見事でした。

アロンソとハミルトンの接触に関しては、どちらが悪かったのか・・・というか

どっちもどっちだとしか・・・・Orz

CS放送(フジテレビ721)の川井ちゃん(現地解説者)・・・・。

バトンがコースアウトした際に

アナウンサー「バトン惜しかったですねー」

川井ちゃん「えぇ」・・・終了!>!?工エエェ(゜Д゜ ;)ェエエ工!?

冷たかったと感じたのは、私だけ?いや別に、バトンに同情はしてませんけど(自分も冷たい?)

次回は第4戦・・・4/26(土)予選 4/27(日)決勝

スペインGP・・・・・カタロニア・サーキットです!

(アロンソの母国ですから会場はルノー色に染まるんですかねぇ)

 

また、今回のバーレーンGP開催前に

FIAの前会長であったJ・マリー・バレストル氏が他界したことについて

心からご冥福をお祈りいたします。 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する